応募のヒント

今までインターンシップ受け入れ傾向から見えてきたヒントを共有します。応募選考に役立ててもらえれば幸いです。

01 インターンシップ内容を知る

就業内容がハッキリしており、長期参加を推奨する、ジョブ型インターンシップを提供しています。


02 会社と地域や社会との関りを知る

03 応募背景を振り返る

長期インターンシップへの応募にあたり、志望動機や参加目的など応募背景があるかと思います。また、応募背景は1つではなく複数の要因から成り立っている事が多いかと思います。

今まで長期インターンシップに参加した方多かった応募背景を要約して共有します。応募フォームでの志望動機にご活用下さい。


  • ハッカソンやインターンシップそのものに起因

    • ハッカソンに複数参加した所、長期インターンシップ経験者が多かったので参加したくなった

    • 1Dayや短期インターンに複数参加した結果、本格的な実務経験を積みたくなった

  • 研究や専攻との相性

    • 情報系大学院生で、ITエンジニアとしての経験を積めるインターンシップ先を探していた

    • 研究室で機械学習や統計を扱っており、実務を経験したくなった

  • ファッションに関する背景

    • ファッションが好きで、エンジニア職としてファッションを扱う点に興味を持った

  • 技術的な背景

    • プログラミングが好きなので、実務でプログラミングを活かせる機会が欲しかった

    • 数学やデータが好きで、実際のデータに触れる機会を得たかった

  • 地域との関わり

    • 北海道または札幌に実家があるなど、北海道でインターンシップに参加したかった

    • 地方企業を知りたかった、または地方都市での働き方に興味があった

04 仮スケジュールを考える

授業や研究室の活動などに合わせて、インターンシップの希望開始日、参加する期間(週数)、週の参加時間を考えて仮決めして下さい。

インターンシップ受け入れ決定の案内を行った後に本スケジュールの確定を依頼するため、応募時点では仮スケジュールで構いません。

インターンシップ参加した後に、履修科目の日程変更や、指導教員からの話などによりスケジュールが変動する場合があるかと思います。この場合はシフトの相談を受け付けています。

05 選考で誠実な対応を心掛ける

長期インターンシップで所属する札幌開発組織は、最も重要な価値観の1つに誠実さを上げています。あらゆるビジネスの根底をなし、エンジニアが成長するために必要なのが誠実であると知っているためです。

インターンシップ採用では構造化面接を実施しており、オンラインインタビューではWEBフォームでの回答を元にした質問から始まります。

背伸びする必要はありませんので、自然で誠実な対応を心掛けてもらえるようお願いします。