就業内容

プログラム

実際の開発現場で業務経験を積みたい方に向いている実践型インターンシップです。2021年秋~2022年春のインターンシップに向けて内容を更新しました。(2021/9/3更新)

※参加条件:3週間以上、週4日以上かつ週32時間以上で参加できる方

Python/Djangoを用いたECサイトで流通する商品情報(写真含む)を管理するバックエンドの開発を行います。管理画面の構築、AWSを利用したインフラ開発、API開発、データ連携、既存プログラムの改修・不具合修正等を行います。

Python/Djangoでの開発(バックエンド開発)の詳細を見る

※参加条件:3週間以上、週2日以上かつ週16時間以上で参加できる方

※フルリモートでの参加推奨

PHP/Laravelを用いた店舗向けオムニチャネルサービス開発やECサイトのシステム開発を行います。サードパーティーツールの組み込み、データ連携の組み込み、ECサイトの改修、不具合修正等を行います。

PHP/Laravelでの開発(ECサイト開発)の詳細を見る

※参加条件:3週間以上、週2日以上かつ週16時間以上で参加できる方

NoCodeサービスを利用して業務ツール開発や社内ツール開発などを行います。プログラミング不要でアプリケーションやサービスを開発できます。

NoCodeでの開発(サービス開発)の詳細を見る

※参加条件:3週間以上、週2日以上かつ週16時間以上で参加できる方

AWSを利用した開発、サービス開発や技術調査を経験できます。

CSシステムやチャットボット開発自社サービス商品情報や在庫情報を用いた最適化問題への取り組みや、商品画像からの商品属性分析や、モデル画像推測等を行います。

AWSを利用した開発(機械学習開発)の詳細を見る

5. ECや企業活動に関する研究

※参加条件:8週間以上、週1日以上かつ週8時間以上で参加できる方

主に大学院生の方が専門領域を活かして、企業活動やビジネスを体験できる事を目的としたインターンシッププログラムです。週1日長期で参加可能です。

研究開発や調査、企業内での活動支援など、応募者の専門領域に合わせて研究内容・活動内容を決定しています。

企業内の活動としては臨床心理の知識を応用した新入社員へのモチベーショナルインタビュー、IT技術領域ではECサイトでのjavascript高速化、商品画像サムネイル生成の高速化、機械学習で商品情報分類強化の研究などがあります。

6. その他

※参加条件:3週間以上、週2日以上かつ週16時間以上で参加できる方

PCキッティングや、採用で利用する写真や動画などの素材撮影および加工、採用メディアの運用等、IT業界での実務経験を積めるインターンシップとして参加している方もいます

他にはプログラミング教育に興味関心がある、またはコンピューターサイエンスに興味があり競技プログラミングに参加している方向け内定者研修や新卒研修のカリキュラム整備や、moodleの設定および導入支援などを行っています。

1日の流れ

開発チームに所属してもらい社員と同じ1日を通しで体験します。出社して朝のデイリーミーティングから定時まで一緒に仕事を進めます。振り返り、ソースコードレビュー等の社内ミーティングにも社員と同じく参加してもらいます。

札幌オフィスに出社している参加者の1日

  • 09:20 - 出社

  • 09:45 - 朝会で1日のタスクを確認

  • 12:30 - 昼休み。コンビニや外食。

  • 13:30 - 午後の仕事開始。

  • 16:00 - 週次ミーティングやプルリクエスト共有会

  • 18:00 - 夕会で進捗共有と翌日のタスク認識合わせ。

  • 18:30 - ノートPCや身の回りの片づけ

  • 18:35 - 退勤

海外(シアトル)からフルリモートでの参加者の1日

  • 09:20 - 仕事準備

  • 09:30 - 業務開始

  • 12:30 - 昼休み。自炊など

  • 13:30 - 午後の仕事開始

  • 17:30 - 日本の09時30分。夕会やミーティングの準備開始

  • 17:45 - 日本の09時45分。オンラインで夕会に参加

  • 18:00 - 日本の10時00分。業務ミーティングへの参加や、進行中タスクの相談

  • 18:30 - PCや身の回りの片づけ

  • 18:35 - 業務終了

技術情報


インターンシップ中に利用する技術やツールを紹介します。(インターンシップ期間中で全てのツールを利用する訳ではありません)