インターンシップ募集要項

実際の開発現場で業務経験を積みたい方に向いている実践型インターンシップです。2021年度秋~冬のインターンシップに向けて内容を更新しました。(2021/7/19更新)

具体的な就業内容のサマリー


1. フロントエンド開発

PHP/Laravelを用いたファッションECサイトのフロントエンド開発を行います。Webサイト開発、CSS/HTMLを利用したデザイン修正等を行います。



2. バックエンド開発

Python/Djangoを用いたECサイトで流通する商品情報(写真含む)を管理するバックエンドの開発を行います。管理画面の構築、AWSを利用したインフラ開発、API開発、データ連携、既存プログラムの改修・不具合修正等を行います。



3. NoCode開発

NoCodeサービスを利用して業務ツール開発や社内ツール開発などを行います。プログラミング不要でアプリケーションやサービスを開発できます。



4. 機械学習を用いたサービス開発

自社サービスとして展開している商品情報や在庫情報を用いた最適化問題への取り組みや、Amazon SageMakerで商品画像を利用した商品属性分析を経験できます



5. AWSを利用したサービス開発

Amazon Lex(自動音声認識 と自然言語理解を組み合わせたAIサービス)を利用したチャットボット開発など、AWSを利用したサービス開発を経験できます。


6. ED Tech × HR Techツール開発

教育(ED)と採用(HR)の両方を組み合わせた自社内で利用するツールの開発を行います。AWSやNoCodeやPythonなど幅広い技術を組み合わせた内容です。


7. プログラミングコンテストの指導員

競技プログラミングの点数を伸ばしたい方向けのインターンシップです。新卒研修の一環として毎月プログラミングコンテストを行っているのと、新卒研修の時間を使ってAtCoderやAOJの問題を解いており、そこで上がった質問に回答または注釈を与えるなどの指導を行います。


インターンシップ 募集要項


募集期間

通期募集です。参加者が多いのは長期休暇期間ですが、通期で参加できます。


応募要件

高等学校・短期大学・専門学校・高等専門学校・大学・大学院に在籍している方

※文理不問。

※学生向けインターンシップです。

※週3日以上かつ週24時間以上で参加できる方。

※3週間以上で参加可能です。

※長期での参加可能です。休学期間で参加している方もおります。

※16歳以上であれば、高校生でも参加可です。

※未成年者は保護者の同意が必要です。

※海外大学に在籍中の方も参加できます。

※日本に留学中の方も参加できます。留学生の方は週28時間制限がありますのでご注意下さい。


具体的として就学状況別でのインターンシップ参加者インタビューをご参照下さい。



リモートでの参加条件

リモートでの参加にあたっては以下条件のいずれかに合致する方に限らせて頂いております。何卒ご了承下さい。※リモートでは開発環境としてVDIのAmazonWorkspacesを提供するため、お手持ちのPCから接続します。


  • 他社インターンシップ等で開発経験がある

  • コンピューターサイエンスを専攻している


具体的としてフルリモートでのインターンシップ参加者インタビューをご参照下さい。



勤務地詳細

北海道札幌市中央区北1条西1丁目 6 さっぽろ創世スクエア14階(地下鉄大通駅直結)

またはフルリモートでの参加。

※日本国内と海外からフルリモートでのインターン参加実績があります。


就業時間

9:30~18:30の間 (休憩時間は12:00~15:00の間に60分)


雇用形態・条件

時給が発生する有償インターンシップです。

時給 1,000円

※長期に切り替わるタイミングで時給 1,100円に上がります。


休日・休暇

土日・祝日

応募から参加までの流れ


  1. 応募フォームに回答 -> https://s.diamondhead.info/intern_form

  2. オンライン面談

  3. 受け入れ可否の連絡

  4. インターンシップ入社手続きと参加日程の確定

  5. 初出社日に必要書類を提出


※インターンシップ参加日程は選考後に個別調整します

※応募からインターンシップ内定まで1~2週間ほど掛かります。

※インターンシップ経由での新卒採用が多くなってきています

※インターンシップ不採用後に再応募して合格になる方もいます。

その他の情報


良くある質問


長期インターンシップの応募および選考にあたり良くある質問と回答を準備しました。応募にあたり不安のある方は一度ご確認いただけますと幸いです。


手当等その他の特記事項


遠方からご参加の方はご自身で移動および宿泊先の手配をしてもらえるようお願いします。宿泊費の補助はございません。札幌近郊以外から参加される方には一定額の交通費補助制度があります。